【いつも.きもの の長襦袢】

いつも.きものの母体は染呉服メーカーです。
日々様々な商品がつくられる中で、きものを着る人が着たくなるもの、また着ているのを見たひとがうれしくなるような商品を考え、オリジナルで長襦袢を制作いたしました。
いつも.きものを見に来てくださる、ひとりでも多くのきものファンの方に届けられたらと願っております。




【長襦袢の重要性】

長襦袢にはきものに汗などの汚れがつくのを防いだり、保温などの役割があります。
きものの下に着るものですので、きものとの素材の相性は重要です。
いつも.きもので取り扱っている正絹の長襦袢はきものとの相性バツグン。ゴワつかず、身体のラインに沿って生地が適度に落ち着き、歩く時の裾さばきのも快適です。
長襦袢をキレイに着られると、きものの着付けもキレイにきまります。




【長襦袢の歴史】

長襦袢には昔から派手な色使いやおしゃれでおもしろい柄のものがたくさんあります。
きものの下に着るのでほとんど柄は見えないのになぜなのでしょう?
古くは江戸時代、豪華に着飾ることを禁じた奢侈禁止令により庶民は華やかなきものが着られなくなりました。そこで彼らは、地味なきものの下に着る長襦袢でおしゃれを楽しみました。
その時代の名残が現代まで受け継がれているというわけです。当時の人々のおしゃれに対する美意識の高さがうかがえますね。




【長襦袢のこだわり】

きものを着ているとその所作にも人の目は配られます。その際、袂や袖口からちらりとのぞく長襦袢はきものと合っているか、気を配りたいポイントです。
たとえばスーツやバッグ、靴の裏地がおしゃれだと、とてもセンスよく感じられますよね。こうした感覚で長襦袢にもこだわってみると、よりきものが楽しくなります。